マウスコンピューター

【2021年11月】DTMにおすすめのノートパソコン(こんなに安くてサクサク動く!)

今回は高コスパCPU"Ryzen7 4800U"搭載のマウスコンピューター「mouse B5-R7[Windows11]」をおすすめいたします!

マウスコンピューターおすすめの最新記事はこちらです↓↓

【2022年秋 最新】コスパ最高!DTM初心者おすすめPC マウスコンピューター

おすすめのマウスコンピューター ノートパソコン

いつもノートパソコンばかりおすすめしてますが、すきていは押し入れの中でDTMをしているので、スペースを取らないサイズのノートパソコンばかり探してしまいます。スミマセン…

それでもデスクトップに負けない性能で、しかもお財布にも優しい、そんなノートパソコンを見つけました。

それがマウスコンピューターの新製品であります"mouse B5-R7"です。

なんでマウスコンピューターなんだって?

それは余計なソフトも付かないので高スペックでも価格が抑えられ、国内製造でサポートも365日 24時間体制と安心感バツグンのパソコンメーカーだからです。

しかもBTOパソコンということで自分の好きなようにパソコンのスペック・仕様をカスタマイズして注文できるので、自分の求める理想のパソコンが無駄なく手に入ります。

調べると他にもBTOパソコンメーカーは色々あるのですが、すきていはマウスコンピューターの購入時のわかりやすさが大変気に入っています。

ではではマウスコンピューター推しもこれぐらいにしまして(笑)

パソコンの頭脳であるCPUは"Ryzen7 4800U"ということで、どれ程のスペックなのかみていきましょう。

CPU Ryzen7 4800Uのスペック

実際かなりの優等生CPUなのです↓↓

AMD Ryzen7・インテル Core i7 パスマーク比較

Ryzen7 4800U・・・17210

Ryzen7 4800H・・・18717

Core i7-10870H・・・15231

Core i7-10750H・・・12197

Core i7-9750H・・・10819(すきていPC)

[出典:PCRECOMMEND 2021 CPU性能比較表

すきていノートパソコンから見ればすでに雲上のスペック(言い過ぎ!?)となってます。

(すきていのノートパソコンさんも今現在サクサクと動いてらっしゃいますよ~♪)

さぞかしこんなに高性能なCPUを積んだノートパソコンは高いんだろうなぁ~と思われるでしょうが、かなりリーズナブルなんです!

それでは実際にマウスコンピューターのサイトでDTMにぴったりのスペックでいくらになるか調べてみましょう!

カスタマイズしてみよう

まずはマウスコンピューターサイトへGO!

そしてノートパソコンの15.6型ディスプレイを見ていくと…

ありましたB5-R7!

実はB5-R7にはwindows10バージョンがありまして、こちらはセールで5,000円位お買い得です!

(ただwindows10バージョンは早めに品切れしそうなので、今回はwindows11バージョンをご紹介しています。間に合った人はセール中のwindows10バージョンを是非ゲットしてください!!)

さて、ここでDTMに合うようにカスタマイズします。

①まずはメモリですね。

こちらは8GBから32GBにグレードアップさせたいです。

②そして、記憶領域(SSD)です。

こちらは256GBから1TBに大幅にアップさせておきたいです。

うん、これくらいでしょうか。

※人によってはメモリは16GBでSSDも512GBあれば十分以上にDTMができるよとおっしゃる方もいらっしゃいますが、初心者の方は特に最初からできるだけ性能を上げておいた方がよいとすきていは考えます。

では金額をご紹介!ドコドコドコ…ジャン!

なんと144,760円!!

こんなに高スペックなノートパソコンが15万円以下で手に入るなんて…

すきていも、もっと遅くにDTMを初めておけばよかったよーっ!(何故そうなる…)

しかもこのノートパソコン、1.6kgとかなりの軽量で持ち運びも苦じゃありませんね。

家電量販店では当たり前に30万円位するスペックなのに、マウスコンピューターって凄いですね~♪

まとめ

おさらいですが、マウスコンピューターでパソコンを探す時の最大ポイントはセールです。(セールはチェックしておかないと後で後悔するかもですよ~)

マウスコンピューターのセールをチェック

上のリンクのような期間限定セールや単品毎のセールがありますが、性能が古いものを叩き売りといったものでは無くて、欲しくなるような最新スペックのものでもセールになったりもします。(今回のB5-R7[windows10バージョン]のように)

DTMをするにおいてパソコンは必須アイテムですが、一番といっていいほど出費になる、初心者にとって最初の関門になると思います。

ですので一切の妥協なく、予算内で、できる限り高性能なパソコンを手に入れられるよう、調べに調べつくしてみてください。

きっと数年後でも満足できるPCを手に入れられるはずです。

それでは~

人気おすすめ記事

1

リバーブはどの楽曲でも殆どのトラックで使われる非常に重要なエフェクトです。 空間系などと言われますが、屋外でも屋内でも程度は違いますが、自然界には必ず残響がありますよね。(お風呂で歌ってみた時を思い出 ...

2

DTMをやっていると「音が細いなぁ、もうちょっと前に出てほしいなぁ」とか「もう少し角がとれたマイルドな感じにならないかなぁ」とか「アナログ感を…」といった「もうちょっとこうしたい!」と思うことは誰しも ...

3

最近のDAWの付属音源のレベルはどんどん上がってきていますが、それでも本物とは程遠い音になってしまうのが、ギター音源でしょう。 DAWの機能を駆使してギターを弾いているニュアンスを出すのも相当な労力が ...

4

エフェクト系プラグインを使っているといつかはたどり着く”コンソール・チャンネルストリップ"プラグイン。 どれをとっても多くのノブやボタン、フェーダーやメーターがやたら格好よく配置されており、見ているだ ...

5

目次Babyface Pro FSがやってきた!スピーカー接続についてBabyface Pro FSのスペックBabyface Pro FS まとめ Babyface Pro FSがやってきた! どの ...

6

基本的なドラムやベース、ピアノやギター、ソフトシンセの音源を揃えた方は自動的にオーケストラ音源が欲しくなるものです(笑) それは冗談としても、クラシックだけでなく、ポップスを聞いていてもホーンやストリ ...

7

ディレイというと、直訳すると「遅延」ということで、実音が少し遅れてリピートする、カラオケでいうエコーの働きをする空間系エフェクトです。 ギタリストの皆さまにはかなりお馴染みのエフェクトだと思います。 ...

-マウスコンピューター