※この記事にはPRが含まれております。

アンプシミュレーター”UAFX DREAM 65”レビュー

最近ユニバーサルオーディオで値引キャンペーンを実施していたので、憧れのユニバーサルオーディオの機材を初購入しました!

アンプシミュレーター”UAFX DREAM 65”です。

今回はこちらをレビューしてみたいと思いますが、その前に購入までの経緯をお話させてください。

購入決定までの道のり

1、UAFXシリーズ値引きキャンペーンを見つける!

サウンドハウスのキャンペーン情報を見ているとユニバーサルオーディオのUAFXシリーズが期間限定プロモーションキャンペーンで値引きしているとのことで、ラインナップを見てみていたところ、この“DREAM 65”に興味を持ちました。

すきていは以前にLine6の“HX STOMP“を購入してその中のFenderのデラリバを気に入って使っていたのですが、UAFX DREAM 65は本物感が凄すぎるとのレビューやユーチューブ動画が多く、このエフェクターが俄然欲しくなってました。

(HX STOMPの記事もあります。ぜひ↓↓をご確認ください)

マルチエフェクター“Line6 HX STOMP”おすすめ【レビュー】

ユーチューブを観ていても、「製品提供されて宣伝しているんだろうな〜」と若干思いつつも(笑)、皆さんベタ褒めだし、確かに音はいいですな。

サウンドハウスのレビューを見ても「本物を超えた!」とか「別格!」とあってどんどん食い気味になってなっていきました(笑)

2、対抗機種IRIDIUMもいいね♪

この流れはいかんと、そのままUAFX DREAM 65にしてしまう前に、もう一度他に良い対抗機種はないか確認すると(医療のセカンドオピニオン的な…)、出てきました!

STRYMON(ストライモン)の“IRIDIUM”です。

STRYMON IRIDIUM サウンドハウスSTRYMON IRIDIUM サウンドハウス

このIRIDIUMは価格もDREAM 65と同じ位なのですが、デラリバの他にもマーシャルやVOXと3種類のアンプをエミュレートしている非常にコスパのよいアンプシミュレーターなのです。

しかもそれぞれのアンプの再現性が素晴らしく、当たり前のようにユーチューブで「IRIDIUM vs UAFX DREAM 65」と比較されるような存在でした。(参考にした動画はコチラ↓↓)

どちらも甲乙付け難い仕上がり(演奏が上手いのもあります)でしたが、フェンダーアンプに関してはDREAM 65のほうが若干本物っぽいように思えました。

すきていはフェンダーのストラトを所持していて、フェンダーの良い音を出したいと思っているので、DREAM 65を選択したのですが、他のギターでしたらコスパを考えてもIRIDIUMにしていたと思います。

両方とも非常に優秀なアンプシミュレーターペダルなんで、どちらもおすすめですね♪

後付ですが、いいのを見つけたので。

こちらはすでにDream65を購入した後ですが、リーズナブルで良いものを見つけたのでご紹介!

TC ELECTRONIC Combo Deluxe 65' Preamp サウンドハウスTC ELECTRONIC Combo Deluxe 65' Preamp サウンドハウス

TC ELECTRONICといえば空間系エフェクトが得意で、特にボーカルエフェクトだとトップにいるようなメーカーですね!

すきていもボーカルエフェクターを探すのにBOSSとTC ELECTRONICでかなり迷ってました!(また買ったのか⁉またご紹介します笑)

このCombo Deluxe 65' Preampは動画でしか確認していないですが、細かい部分だとDream65やIRIDIUMの方が実機の再現性が高く感じられます。

しかし全体のまとまり感でいうと、十二分にデラリバとして成立してますね!いいね〜♪

まあ一度動画をご確認ください↓↓

また良いのがあったら追加しますね〜

3、とうとう買ってしまいました!

すきていは殆ど自宅でしかギターを弾かないので、もちろんチューブアンプなんてものは所持しておらず、

「チューブアンプなんて欲しいけど高くて買えないし、実際自宅にあったら邪魔だし…。」と思っていたのが、

「1台アンプを手に入れた思えばこの価格は非常にリーズナブルかも!しかも場所も取らないし!」

ということで、ちょうどやっていた値下げキャンペーンを期にとうとう買ってしまいました!

UNIVERSAL AUDIO UAFX DREAM / 65 サウンドハウスUNIVERSAL AUDIO UAFX DREAM / 65 サウンドハウス

(今見たらすでに値下げキャンペーン終わってますが、まだ安いままの価格になってました!在庫限り⁉)

それではレビューに移ります。

(スペック詳細はサウンドハウスが詳しいので、そちらをチェックですみません💦)

(あとHOOK UPのホームページもどうぞ↓↓輸入物の製品はこちらをよく参考にしています。詳しくて見ていると欲しくなっちゃいますね笑)

https://hookup.co.jp/products/universal-audio/uafx-dream-65-reverb-amplifier

UAFX DREAM 65レビュー

1、ちょいと遊んでみた感想

到着しました!カッコいい箱に入ってますね。

初ユニバーサルオーディオにわくわくしながら開けてみると…

あら、思っていたよりも結構大きい。そしていきなり本体が出てきた。(下に説明書等の冊子が入ってます)

そしてこれから接続していく訳ですが、気をつけたいのが電源アダブターは付いてこないということです。

結構電源にシビア(動かないとかノイズとか)という話もあったので、すきていは純正のUAFXシリーズ専用の電源アダブターも購入しました↓↓

こちらはサウンドハウスさんで購入。

UNIVERSAL AUDIO PSU-GP1-WW サウンドハウスUNIVERSAL AUDIO PSU-GP1-WW サウンドハウス

そしてひとまず遊んでみるためにギターと電源とヘッドホンを繋げてみました。

そしてツマミを大体12時の位置にしてギターを鳴らしてみると…

ジャラーン♪いい音!

所持しているLine6のHX STOMPよりも密度の濃い、空気感まで感じられる素晴らしい再現性です。

右手で少しアタック気味に「チャッ」と弦をミュートしたときに「チュワァン♪」となるところが(わかりますかね💦)、本物のアンプとほぼ同じでびっくりしました。

そして一通り遊んだ後、このペダルの目玉の一つであるモバイル・アプリの操作とアーティストの使用するプリセットに挑戦してみました。

2、モバイル・アプリの入手

すきていは面倒くさがりで、アプリを使って操作とかあまりやりたくない派なのですが、これは是非ともやっていただきたいと思います。(めっちゃ良かったです)

それでは手順に沿ってアプリを入手しましょう。

1、製品登録をします。

①まずはユニバーサルオーディオのページでアカウントを作成します。

ユニバーサルオーディオホームページへGO

https://www.uaudio.jp/

②次に新しいハードウェアを登録します。

UAFXペダルにUSB端子(タイプC)があるので、ケーブルを使ってパソコンに繋げて製品登録をします。

2、アプリをダウンロードします。

製品登録できたら携帯から再度ログインし、ダウンロードから”UAFX Pedals“を選択し、「iOS」か「Android」を選択して、アプリをダウンロードしましょう。

アプリをダウンロードできました!

早速遊んでみましょう。

3、UAFXアプリを使ってみました。

使い方はめちゃくちゃ簡単で、自分で作ったプリセットを保存しておいたり、“Factory”から基本のプリセットを選んだり、また”Artist“から憧れのアーティストのプリセットをチョイスするだけです!

(画像はArtistを選択した最初の画面です。スクロールしていくと色んなアーティストのプリセットが使用できます。)

すきていは早速アーティストで“John Mayer”を選んで遊びました(笑)

すきていのような素人は、アンプを弄っても自分の思っている音にするのが難しい(てか何が正解かもわかりません…)のですが、少しFactoryでプリセットを選んでいると、

「これこれ!この音!」

みたいな感じで好きな音が見つかると思います。

こうやって鳴らして遊んでいても、何だか本物のアンプを使用しているかと錯覚するほどの再現性なので、結構楽しくなりました。

UAFX DREAM 65 まとめ

UAFX DREAM 65ですが、実機単体ではできないことも簡単にできちゃいます。

例えばデラリバばボリュームを上げていくと段々と歪みが掛かってくるのですが、このUAFX DREAM 65では、ボリュームを絞ったクリーントーンのままで音量を上げることも可能です。

まだまだ少し触ってみただけですが、すきていはかなり満足しております♪

(実際出来ることの25%ぐらいしかまだやっておらず、キャビネットやマイキングを変えたり、ブースターを弄ってみたりと色々出来ます。使いこなすにはまだまだ時間が掛かりそうです。)

今回UAFXペダルのエミュレートの技術を目の当たりにして、ユニバーサルオーディオに対しての信頼もアップし、まだ実際に使ったことがないユニバーサルオーディオのプラグインにも益々興味が湧いてきた今日この頃です。

あー、ユニバーサルオーディオのプラグイン欲しいーなぁ。ということで、またお熱が上がってまいりました(笑)

このUAFXペダルシリーズですが、どれも優秀な出来栄えだと思いますので、気になる方は是非プロモーション価格で購入できるうちにどうぞ〜♪

人気おすすめ記事

1

最近のDAWの付属音源のレベルはどんどん上がってきていますが、それでも本物とは程遠い音になってしまうのが、ギター音源でしょう。 DAWの機能を駆使してギターを弾いているニュアンスを出すのも相当な労力が ...

2

プラグインでも音源系は最初に欲しくなってしまいますよね。 自宅でピアノやギターを演奏するといってもご近所迷惑で(ドラムなんてもっての他!?)こっそりの弱々しい演奏しかできないと思います そんな時に高品 ...

3

リバーブはどの楽曲でも殆どのトラックで使われる非常に重要なエフェクトです。 空間系などと言われますが、屋外でも屋内でも程度は違いますが、自然界には必ず残響がありますよね。(お風呂で歌ってみた時を思い出 ...

4

DTMをやっていると「音が細いなぁ、もうちょっと前に出てほしいなぁ」とか「もう少し角がとれたマイルドな感じにならないかなぁ」とか「アナログ感を…」といった「もうちょっとこうしたい!」と思うことは誰しも ...

5

最近ユニバーサルオーディオで値引キャンペーンを実施していたので、憧れのユニバーサルオーディオの機材を初購入しました! アンプシミュレーター”UAFX DREAM 65”です。 今回はこちらをレビューし ...

6

プラグインは大きくは音源系とエフェクト・編集系(以下エフェクト系)に分かれます。 音源系は良いものを一通り揃えればそれ以上の出費を抑えられるのですが、エフェクト系のプラグインは今回ご紹介のEQ(イコラ ...

7

Babyface Pro FSがやってきた! どのサイトでもオーディオインターフェイスで音質重視の方におすすめされているREM社の"Babyface Pro FS"ですが、大変な人気ぶりで、すきていも ...

-おすすめ機材
-, ,