エフェクト系プラグイン

iZotope "Music Production Suite 4.1"おすすめ【全部使えるプラグイン!】

iZotope Music production Suite 4 簡易パッケージ サウンドハウス
iZotope Music Production Suite 4.1 サウンドハウス

DTMをやっているとすぐに耳にするようになるiZotope社。

今回はそのiZotope社の看板プラグインがバンドルされた"Music Production Suite 4"をご紹介いたします。

(現在MPS4はノイズ除去・オーディオリペアツールがRX 9になってMPS4.1となっております。ちょうどすきていもRX 9にアップグレードしていたので、そちらでご紹介いたします!)

おすすめプラグインバンドル"iZotope Music Production Suite 4"

いきなりiZotope Music Production Suite 4 (以下MPS4)はおすすめ!と言われても…と思われると思いますので、まずはiZotopeがなぜおすすめなのかをご説明いたします。

1、iZotope社のプラグインがおすすめの理由

すきていも様々なエフェクト系プラグインをご紹介してきましたが、振り返ってみるとiZotopeの製品をかなりおすすめしていたなぁと思います。

何故かというと、初心者に嬉しい"A.I.アシスタント機能"が殆どの編集系プラグインに搭載されているからです。

アシスタントといっても、補助どころか、全部いい感じにやってくれます(笑)

最初はミックスといっても「全くわからん」「何をどうすれば正解!?」というような方が殆どですが、そんな時にこの優秀なAIアシスタントさんは「こんな感じでいかがですか?」と見せてくれます。

これは初心者の方は勉強になると思いますよ。

GUI(Graphical User Interface)も見易いので、どんな感じでエフェクトが掛かっているのか視覚的にも確認できるので、非常に参考になります。

そして"Learn(ラーン)機能(学習機能)"ですね。このLearn機能は各プラグインによって内容は違うのですが、楽曲を分析してポイントになる数値を割り出してくれます。それに基づいてエフェクトを提案・実行してくれる、これまた初心者に優しい、また上級者でも時短に繋がる便利機能です。

そして全般的にいえることなのですが、EQやコンプ、エキサイター等全て現代的でクリアな音質なので、どの楽曲にも安心して使えます。(コンプやエキサイター等、アナログ的なキャラクターを付加することも可能です。)

ということでどのプラグインも多機能だけど初心者に優しく、音質も良しと、その1つ1つがDTMをされる方にとって素晴らしいプラグインとなっています。

2、Music Production Suite 4 収録プラグイン

MPS4は細かく見ると30以上のプラグインを集めたコレクションですが、主要なものをここで紹介します。

1、Neutron3 Advanced

おすすめの人気EQ(イコライザー)プラグイン8選!【EQもわかりやすく解説】

おすすめのエンハンサー、サチュレータープラグイン7選!【音の存在感を高める】

上の2記事でも高機能EQやエキサイターとして紹介していましたNeutron3です。MPS4には上位バージョンのAdvancedが収録されています。

Neutron3は総合ミキシングソフトでEQやコンプレッサー、エキサイター、ゲート、またパンの調整までAIがアシストしてくれます。(ていうか完全お任せもOK)簡単だね♪

以前のバージョンまではかなり重たいプラグインだったのですが、その辺りもNeutron3になって改善されているので、気軽に使えますね。

2、Ozone9 Advanced

Ozone9は総合マスタリングソフトで、マキシマイザーの他にこれまたマスタリングに合わせたEQやコンプ、エキサイター等が入っています。

AIアシスタント機能も優秀で、ローエンドがベースとキック等の低音域の被りで不明瞭になってしまうといった問題まで解決してしまうという、自分でやればかなり時間を要する作業まで瞬時に解決してくれます。

あと普通にマスタートラックに差し込んでAIに楽曲を聴かせるだけで「ドカッ!」という感じで音圧上がります。(本当です)

何も悩む必要はありません、とにかく差し込んでみましょう的な超優秀プラグインです!

3、Nectar3 Plus

Nectar3 Plusはボーカル用ミキシングソフトです。EQやコンプ等ボーカル用のエフェクトが揃っており、またまたAI機能を使うと出来上がり!という感じです。(お任せばかりじゃ上達しないかも…(^o^;)アラアラ)

"Relay"というトラックの送受信をするプラグインを各トラックに差し込んでNectar3のAIアシスタントを使用すれば、NeutronTonal Balance Control等と連携して他のトラックとの音の被りや音量を修正・調整したりしてくれます。いやぁ凄いね~

またボーカルミックスに関するほぼ全てのエフェクトが揃っており(ピッチ補正やハーモニー、ディレイやリバーブ、ディエッサー、サチュレーター等々)、基本のミックスから極端な音づくりまで可能にしています。

4、RX 9 Standard

RX 9は業界でも非常に評価の高いノイズ除去&オーディオリペアツールです。その高い性能から今や業界標準の地位を不動のものにしています。

ノイズ除去に関しても本来は周波数を熟知した人が行わないと難しいような作業をAIがやってくれたりもします。

ギターノイズもハムノイズだけでなく、ピッキングノイズや弦移動の際の「キュッ」というノイズさえ認識して除去できます。すげぇコイツ(゚Д゚)!!

またボーカルやドラム、ベースやギターの音を認識して、それぞれ別々に音量を変えたり、ボーカルだけ抜いてカラオケにしたりということもできます。(マジっすか!)

ここまでできるRX 9ですが、やはりかなり高価で単体で4万円以上します。

5、Neoverb

MPS3の時から"R4"や"Nimbus"といった非常に優秀なリバーブプラグインがあったのですが、MPS4になって"Neoverb"が登場しました!(R4は下の記事でも紹介しています↓↓)

おすすめの人気リバーブプラグイン7選!【自然な掛かり方がポイントです】

そしてなんとリバーブにもiZotopeお得意のAIアシスタント機能が付いたのです。

リバーブ界で有名なLexiconの開発者によって手掛けられたExponential AudioとiZotopeのAI機能の融合ですね。

GUIも他のリバーブとちょっと違いますが、3種類のリバーブをミックスして曲に合ったリバーブを作り出すことができます。(薬の調合みたい)

すきていも手にいれたばかりでまだあまり触れてませんが、色々試したくなりますね!

まあみていただいた通り、主要なプラグインはどれも非常に優れていて、一度使うとAIアシスタントさんの魅力にどっぷりと浸かって抜け出せなくなりますよ~(すきていだけじゃないはず!?)

3、お値段的にお得なの?

例えば上記の主要なプラグインを単体で手に入れたとしましょう。

通常価格で大体計算するとNeutron3 Advancedで4.5、Ozone9 Advancedで5.5、Nectar3 Plusで2.5、RX 8 Standardで4.5、Neoverbで2.5を足すと19.519万5千円!

それに対してMPS4は11万5千円で割安です。しかも半額セール時に手に入れると5万7千円!

更にMPS4には本日挙げた主要プラグイン以外にもStutter Edit2VocalSynth2Insight2、リバーブのR4Nimbus等々使えるプラグイン入ってますよ!

もちろんすきていはMusic Production Suite(当時はMPS3)を半額セールで手に入れましたよ~♪

iZotope Music Production Suite 4.1 サウンドハウス iZotope Music Production Suite 4.1 サウンドハウス

たまに一番廉価版のEssentialが無料配布されてたりすることもあるので、それをゲットしてからアップグレードしていくのも手ですね!

MPS4おすすめ まとめ

iZotopeのプラグインは必要に応じて単体で購入していくよりも、バンドルで購入した方が大変お得ということがおわかりいただけたと思います。

更にMPS4にバンドルされているプラグインは、DTMをやっていく上でエフェクト・編集系の必須のものを高いレベルで網羅しているので、購入したが使わないということがあまりありません。

初心者に優しく、中上級者には作業の時短になるAIアシスタント機能は役に立つこと間違いなしですので、気に入った方はセール時期を狙って(これ大事)ぜひ手に入れてください。

すきていはこれからもずーっと"iZotope Music Production Suite"にお世話になり続けると思います。(もう手離せないっす)

人気おすすめ記事

1

リバーブはどの楽曲でも殆どのトラックで使われる非常に重要なエフェクトです。 空間系などと言われますが、屋外でも屋内でも程度は違いますが、自然界には必ず残響がありますよね。(お風呂で歌ってみた時を思い出 ...

2

DTMをやっていると「音が細いなぁ、もうちょっと前に出てほしいなぁ」とか「もう少し角がとれたマイルドな感じにならないかなぁ」とか「アナログ感を…」といった「もうちょっとこうしたい!」と思うことは誰しも ...

3

最近のDAWの付属音源のレベルはどんどん上がってきていますが、それでも本物とは程遠い音になってしまうのが、ギター音源でしょう。 DAWの機能を駆使してギターを弾いているニュアンスを出すのも相当な労力が ...

4

エフェクト系プラグインを使っているといつかはたどり着く”コンソール・チャンネルストリップ"プラグイン。 どれをとっても多くのノブやボタン、フェーダーやメーターがやたら格好よく配置されており、見ているだ ...

5

目次Babyface Pro FSがやってきた!スピーカー接続についてBabyface Pro FSのスペックBabyface Pro FS まとめ Babyface Pro FSがやってきた! どの ...

6

プラグインでも音源系は最初に欲しくなってしまいますよね。 自宅でピアノやギターを演奏するといってもご近所迷惑で(ドラムなんてもっての他!?)こっそりの弱々しい演奏しかできないと思います そんな時に高品 ...

7

ディレイというと、直訳すると「遅延」ということで、実音が少し遅れてリピートする、カラオケでいうエコーの働きをする空間系エフェクトです。 ギタリストの皆さまにはかなりお馴染みのエフェクトだと思います。 ...

-エフェクト系プラグイン