おすすめ機材

SanDisk ポータブルSSD レビュー【DTMにおすすめです!】

最近の音源プラグインはどれをとっても本物を聴いているような音質でかなりレベルが上がってきていると思います。

その関係かデータ容量もかなり大きく、1つの音源プラグインで100GB以上なんてのも普通に出ています。

そうなると幾つも高品質なプラグインを持っていると、すぐにパソコン内部の記憶域が満杯になってしまいます。(HDDやSSDをぎりぎりまで目一杯使用すると動作不良を起こす可能性が高まりますのでご注意を)

そんな時に大きな味方になってくれるのが、外付けのHDDやSSDです。

なかでもSSDは読み書きのスピードもHDDに比べ断然速く、しかも衝撃等の耐久性も高いので、できればこちらを選びたいです。

最近では価格もかなり手頃になっており、1TBで1万円強で買えるようになっています。

そこですきていもNative InstrumentsのKOMPLETE13 ULTIMATEを手にいれたのをきっかけに外付けSSDを導入することに決めました。(下の記事で外付けSSDへのダウンロード方法も紹介しています)

マルチ音源 "KOMPLETE 13 ULTIMATE"は買いなのか?【外付けSSDへのダウンロード方法も】

KOMPLETE13 ULTIMATEは800GBの大容量なので、全部入れるにはパソコンの内蔵SSDやHDDだけでは無理でした。

また他にもパソコンのデータを丸々バックアップをとれるようにしたかったということもあります。(ノートパソコンの画面を壊してしまって、映らないので、いつかは修理に出したいと思っています。↓の記事です)

ノートパソコンの画面が壊れた時の対応【まずは外部モニター(TV)接続を】

ですので、外付けSSDの容量は2TBは欲しいなと思ってました。

なぜSanDiskのポータブルSSDを選んだのか

SSDの製品は数えきれないほど世の中に出てますが、その中でもなぜSanDiskを選んだのか少し説明させてください。

すきていは最初BuffaloのポータブルSSD2TBを第一候補として調べてました。

↓↓こちらです。

すきていは自宅のWi-FiルーターでもBuffaloを使ってますが、不具合もなくちゃんと使えてます。また安心の日本メーカー。しかもどの製品もコストパフォーマンスが高い!そういったところを見てこれにしようと思っていたわけです。

ところが…

Amazonで口コミを見てみると、全体的にはわりと良い評価なのですが、その口コミのコメント内容を見ると「購入してすぐに不具合が出た」「サポートセンターの対応が悪かった」「全然読み書きスピードがあがらず、泣き寝入り」といった内容が非常に多く、これだけマイナス評価が多いのになんで全体評価が高いのか不審に思い、いったん購入を思いとどまりました。

(評価の良い人はあまりコメントを残さず、悪い評価の人の殆どの人はコメントを残すということもあるかもしれません。また以前の機種でそういう評価なら今の機種は改善されているのが殆ど。BUFFALOはそういう優秀なメーカーと信じます。ですので、あまり気になさらずに〜(^^)/)

そこで次に候補に挙げたのが、SanDiskのポータブルSSD 2TBです。

こちらです↓↓

SanDiskは携帯電話のSDカードでも使ってますが、こちらもすきていなりに安心感があり、第2候補として挙げました。

早速口コミを調べてみると全体評価は上々。さらに口コミのコメント内容を調べると、不具合があったとのコメントが無いわけではないのですが、その数は少なく、高評価のコメントが結構多かったので、少し価格が上がりますが、最終的にこちらに決定しました。

あとこんなアクセサリもあります↓↓

収録や撮影での外への持ち出しにいいんじゃないでしょうか。

SanDisk ポータブルSSD レビュー

では以下レビューです↓↓

自宅に商品が届いて開けてみた最初の感想は思っていたよりも、小さくて軽いということ。

携帯電話よりも小さい、手のひらサイズでした。

中にはSSDの他に短いタイプCのUSBケーブル(変換コネクターもあり)が同梱されてます。

そしてパソコンに繋げてみると、このサイズ感で邪魔にならなくていいですね!

そしてパソコンの電源を入れると、特に何をするというものもなく、普通に認識して使えました。簡単だね♪

そしてKOMPLETE13 ULTIMATEの音源をダウンロードしまして、それを立ち上げてみますと…

やっぱりSSD!立ち上がりも速い

PC内蔵HDDにも音源を入れているのですが、立ち上げスピードもかなり違いがあります。

また口コミでSSD本体がかなり熱くなるとのコメントが結構ありましたが、今のところ温かくなる程度で、それほど熱いということはありません。良かった~ (これは使ってみるまでは結構心配してました。)

使い始めたばかりで、これで結論を出すのもなんなのですが、SanDiskのポータブルSSDはいいですね~おすすめです!

スペック他

以下スペックです(SDSSDE60-2T00-J25 Extreme Portable)

・読み出し速度最大550MB/秒

・IP55規格に対応した防滴、防塵性能

・最大2mの高さからの落下衝撃にも耐えます

・外寸:W 49.55mm×H 96.2mm×D 8.85mm

・重さ38.9gの軽量設計

・1年間、データ復旧ソフト使用可能

・3年間限定保証

2メートルの高さから落としても大丈夫というところが凄いですね。(落とさないですが…)

安心して長い間使っていけそうです!

まとめ

SanDiskポータブルSSDには注意点がありまして、見た目が同じでも性能が違うものが多いということです。

容量もそうですが、読み書きのスピードも違うものがあります。

サイトを見ていても良心的でないショップは性能が低いものを高値で販売していることもありますので、購入の際にはメーカーサイトで型番やスペックを必ず確認しましょう。

※最近かなり高値になってますね…(コロナでの半導体不足の影響かもしれません)。すきていは26,800円で購入しましたが、3万円以上の価格も普通に出てきています。安くなるのを待つか、バッファロー等他の商品も考えましょう

最近価格もどんどん低くなってきている外付けSSDは、プラグインソフトの進化(大容量化)に伴い、今後はDTMの必須アイテムになってくると思います。

そのSSDの中でもSanDiskのポータブルSSDは高性能、安心・安全の優れものですので、皆さんに自信をもっておすすめできるアイテムです。

パソコンの容量が足りなくなってきたなぁ、と感じていらっしゃる方は是非外付けSSDの導入を検討してみてください。

人気おすすめ記事

1

リバーブはどの楽曲でも殆どのトラックで使われる非常に重要なエフェクトです。 空間系などと言われますが、屋外でも屋内でも程度は違いますが、自然界には必ず残響がありますよね。(お風呂で歌ってみた時を思い出 ...

2

DTMをやっていると「音が細いなぁ、もうちょっと前に出てほしいなぁ」とか「もう少し角がとれたマイルドな感じにならないかなぁ」とか「アナログ感を…」といった「もうちょっとこうしたい!」と思うことは誰しも ...

3

最近のDAWの付属音源のレベルはどんどん上がってきていますが、それでも本物とは程遠い音になってしまうのが、ギター音源でしょう。 DAWの機能を駆使してギターを弾いているニュアンスを出すのも相当な労力が ...

4

エフェクト系プラグインを使っているといつかはたどり着く”コンソール・チャンネルストリップ"プラグイン。 どれをとっても多くのノブやボタン、フェーダーやメーターがやたら格好よく配置されており、見ているだ ...

5

目次Babyface Pro FSがやってきた!スピーカー接続についてBabyface Pro FSのスペックBabyface Pro FS まとめ Babyface Pro FSがやってきた! どの ...

6

基本的なドラムやベース、ピアノやギター、ソフトシンセの音源を揃えた方は自動的にオーケストラ音源が欲しくなるものです(笑) それは冗談としても、クラシックだけでなく、ポップスを聞いていてもホーンやストリ ...

7

ディレイというと、直訳すると「遅延」ということで、実音が少し遅れてリピートする、カラオケでいうエコーの働きをする空間系エフェクトです。 ギタリストの皆さまにはかなりお馴染みのエフェクトだと思います。 ...

-おすすめ機材